「日本の美 木工・金工・漆」

2013年10月13日(日)~31日(木) 10時~16時半
ひしおホール 入場料:300円(高校生以下無料)

この展覧会は、岡山県指定重要無形民俗文化財「郷原漆器」の活性化を目指し開催しています。2011年11月開催の「まにわ漆展」は「漆文化」を知り、新たな魅力と可能性を提案しました。2013年3月「漆・うるし・URUSHI」は、現在アートにおける「漆」の表現に挑戦しました。今回は日本の伝統技術に着目し、新しいものづくりをしている方をお招きしました。今回が関連企画の最終章です。
是非、ご覧くださいませ。
●川北浩彦 「水目桜造合子」
f0182644_135839100.jpg

●佐故龍平 「杢目金花器」
f0182644_14502562.jpg

●郷原漆器生産振興会 「器(白漆・Natural edge)
f0182644_14503743.jpg

[PR]
by hishioinfo | 2013-10-11 13:58 | Exhibition
<< (貸館)昼下がりのギターコンサ... 真庭産原木しいたけを食す。 >>