<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

(貸館)津山土人形作品展

f0182644_11361110.jpg

「勝山のお雛まつり」にあわせ、妹尾康心氏主催の人形展が開催されます。
作品の販売もされるとのこと。どうぞお誘い合わせのうえ、お越しください。

日時:2014年3月1日(土)~3月5日(水) 午前10時~午後5時
会場:ひしお渡り廊下2階

<作者略歴>
高校卒業後、京都にて津知人形修行、帰郷後土人形製作。
津山工芸展、県北展などに出展し、県知事賞、市長賞、天満屋賞など受賞。
2003年よりJR名古屋高島屋、高島屋京都店、高島屋大阪店、泉北高島屋、高島屋岡山店にて作品展を行なう。
1995年、2003年の2回、桃太郎人形が岡山県絵入り年賀状に採用される。
2008年、(財)岡山県観光連盟より、2年連続観光発展貢献表彰を受ける。
現在、津山工芸愛好家工芸審査委員を務める。
津山市山北衆楽園そばの工房にて製作、毎年百貨店にて作品展を行なう。
[PR]
by hishioinfo | 2014-02-28 11:37 | Exhibition

ひしおのお雛まつり2014「ビスクドール展」

f0182644_16424057.jpg

日時:2014年2月22日(土)〜3月9日(日) 10時~16時30分
                            ※水曜休館(3/5[水]は開館)
入場料:300円 ※中学生以下無料
場所:勝山文化往来館ひしお ひしおホール

今年のひしおのお雛まつりでは、3人のドール作家を招き、ビスクドール展を開催いたします。
アンティークの再現作品から、現在制作されている作品まで、幅広くご覧いただくことができます。
どうぞお誘い合わせのうえ、お越しください。

2/22(土)・23日(日)には3人の作家が在廊し、ワークショップも開催されます。
ワークショップに関して、詳しくは下の記事をご参照ください。
[PR]
by hishioinfo | 2014-02-19 16:51 | Exhibition

ビスクドール作り体験

 今年もお雛まつりの季節がやってまいりました。今回「ひしおのお雛まつり」では、可愛らしいビスクドールをご覧いただけます。ビスクドールとは、19世紀のフランスに起源を持つ人形で、焼成を繰り返した磁器製のボディが特徴です。子供の遊び相手として広く愛された時代を経て、現在でも高い人気を誇っています。なかでも、ブリューやジュモーといった19世紀の代表的な作家の作品、いわゆるアンティークビスクドールは、骨董的及び希少的価値の高い美術品として評価されています。
 今回の展示では、スーリー坂下さん、ジリアン・リチャードさん、富野有紀子さんの3名の人形作家をお招きし、アンティークの再現作品から現在のオリジナル作品まで、幅広いビスクドールの展示をいたします。ひしおホールの和モダンな空間に、西洋のお人形がどのように溶け込むのか、今から非常に楽しみです。
 2月22日(土)・23日(日)には3名の作家さんが会場にいらっしゃいます。さらに、両日ともワークショップが開催されます。講師は富野さん、コースはA・B・Cの3コースをご用意しております。その内容を簡単にご紹介いたします。
f0182644_1475940.jpg

◉2月22日(土)午後1時〜/所要時間:4時間/講習代15,000円
 まず、Aコースの「薔薇のドールランプ」は、貴婦人のたっぷりと膨らんだドレスがとても優美です。ドールランプという名前の通り、このご婦人のドレスはランプシェードになっています。ドレスの裾に取り付ける大きな薔薇も、参加者ご自身で作っていただくもので、なんだかとても難しそうなのですが…。富野さんは「大丈夫です!つきっきりでも教えますので」と、どーんと構えていらっしゃいます。

f0182644_1495348.jpg

◉2月23日(日)午前10時〜/所要時間:2時間/講習代7,500円
 Bコースは「グーグリーちゃんのピンクッション」です。グーグリーとは、横向きの目をしたお人形のことです。ぷっくりとしたフォルムのドレスが、ピンクッションになっています。こちらのドレスには、富野さんが作った小花やリボンが付けられます。

f0182644_14104685.jpg

◉2月23日(日)午後1時〜/所要時間:2時間/講習代3,500円
 さて、AコースとBコースのお人形の胴体が磁器製であるのに対し、Cコースの「ペーパードールのフレーム」はお人形だけどお人形じゃない、不思議なドールです。名前の通り、顔や手足はアンティークドールのボディを紙にプリントしたもので、髪の毛はモヘア、お洋服は布で作ります。一幅の絵のような感じです。
 いずれのコースも、富野さんが手取り足取りお教えくださいます。皆様のご参加をお待ちしております。(ひしお通信41号 掲載記事より)
[PR]
by hishioinfo | 2014-02-08 14:08 | workshop