報道写真記者エリオット・ウッドの写真とトーク

『Children of GAZA -ガザの子どもたち-』
アメリカ人報道写真家エリオット・ウッドの写真とトークのイヴェントを行います。
是非、お誘いあわせの上、お越しください。

4月13日(月)
19:00~21:00
cafe うえのだん にて
入場無料

エリオット・ウッド

現在エジプトのカイロに駐在するアメリカ人報道写真記者。エリオットは、最近、ガザ地区を支配するイスラム抵抗運動組織ハマスに対するイスラエルの攻撃の続く地域を訪れた。2ヶ月の滞在中、危機報道ピュリッツァーセンター(Pulitzer Centre on Crisis Reporting)代表としてガザの人々の暮らし、政治の報道をした。エリオットによる写真とその報道記事は、ワシントン・タイムズ、サンフランシスコ・クロニクル,グローバル・ポスト,デイリーニューズ・エジプト、ヴァージニア・クウォータリー・レヴュー に掲載された。
ワシトンDC郊外の出身。エリオットはアラビア語、中近東の文化と政治への強い興味を持ち続けてきており、そのためにエジプトに住むことになった。



f0182644_10403662.jpg

009年3月7日、ガザ地区ガザ市。親たちは、お祭りやデモに参加する時に、子どもらにハマスの色―緑色を着せる。アラブ文化の首都エルサレム ― Capital of Arabic Culture を祝うお祭りで、母親の膝の上に立つ男の子。
Gaza
7 March 2009 - Gaza City, Gaza Strip - Parents often dress their children in Hamas-green garments when attending festivals and rallies. Here, a young boy stands on his mother's lap at a festival celebrating Jerusalem as the "Capital of Arabic Culture."



Children of GAZA
Photos and Lecture
by Eliott Woods

19:00~21:00
cafe Uenodan
Admission free

Elliott Woods is an American writer and photographer currently based in Cairo, Egypt. Elliott traveled to the Gaza Strip during the recent Israeli offensive against Hamas, the Islamic resistance movement that governs the territory. Over the course of two months, Elliott covered Gazan society and politics on behalf of the Pulitzer Center on Crisis Reporting. His stories and photographs appeared in The Washington Times, The San Francisco Chronicle, Global Post, Daily News Egypt, and The Virginia Quarterly Review. A native of the Washington D.C. suburbs, Elliott moved to Egypt to pursue an abiding interest in the Arabic language and Middle Eastern culture and politics.
[PR]
by hishioinfo | 2009-04-11 10:44 | Event
<< 備前といけばな展 ウォルター・ガルボさんのトーク... >>